月別アーカイブ: 2016年6月

身体を喜ばせましょう

東京女子栄養大学の通信講座の教材が届きました。

半年間、がんばるぞー。

image

 
台所を預かる身として、家族の健康を考え2年前にもこの講座を受けようか悩んだのですが、その時は踏ん切りがつかずやめてしまいました。

信頼するヒーラーの方から、私のリーディングはその方が必要な食べ物を伝えてくることが多いので栄養の勉強をした方が良いというメッセージをもらい、ようやく受講を決意。

確かに栄養面からの知識がつくとさらに深くお伝えできるようになるかもしれません。

間食用にと箱買いされたカップラーメンを食べていたら1ヶ月たった頃に突然吐いてしまいました。

こんな事をする方もいないとは思いますが、たまに食べるなら良いのでしょうが続けると本当に体調を崩すんですね、身をもって知りました💦

身体だけでなく、美味しい食事が健康な精神も作ることを体感しているのでお伝えする機会が多いのかなって思っています。

 

気持ちが落ち込んだり、やる気が出ない時は、人と会うのも億劫になります。

そんな時は無理しなくてもいい友人に付き合ってもらうか、思い切って1人で評判のレストランに行くようにして、身体から喜びを感じるようにしました。

普段から人に対して気を使う方は、食事は1人でゆっくりとった方が良いですね。

始めのうちは悩み事が頭の中にいっぱいで、料理を楽しむ余裕はないかもしれません。

それでも何か身体が喜ぶ食べ物を探して、そして見つけたら行ってみてしっかり噛んで味わって、悩みから意識を外してください。

何度も繰り返し行うことにより、心と身体によい栄養が取り入れられ、リフレッシュされていきます。

The Light of NEWoman.

新宿で用事の帰りに、今日まで開催の新宿ルミネ0(ゼロ)で行われている、The Light of NEWoman 展に立ち寄りました。

image

NEWoman、New Woman の造語なんですね。

3面の大画面に映し出される光り輝く女性と共に、コンセプトが表示されます。

『すべての女性が、一生を通して輝き続けられるように。』

『誰もがきっと 誰かの希望であり、誰かの光である。』

などなど、元気が出る言葉が映し出されます。

 

前回は、VOGUE JAPAN開催の、「煌めきのNEWwoman」展だったそうです。

年齢やジャンルの壁を乗り越え、新しい自分に出会うための歩みを止めない女性たち。
新たな気づきを、私たちに与えてくれる女性たち。
そしてこれからの未来を担うフレッシュな女性たち。
ヴォーグは彼女たちを「New Woman」と呼びます。

まさに私が目指す女性像であり、こういった生き方が自分もしたいとずっと願っていました。

 

自分らしい選択ができているか。

他の方から見ると幸せそうに見られるし、特に不幸という訳ではないけれど、何か引っかかる。

もっと人生を楽しみたいけれど、どうすべきか。

家族や友人たちにどうしても遠慮してしまう。

人のための人生を歩んでいないか。

 

どんなに些細なことにも目をつぶらず、自分自身に問いかけ軌道修正していくことで、真の喜びに繋がります。

始めるということ

高尾山に行って来ました。

沢でゆっくり、癒されます😊

image

1年ちょっと前、どうしてもやりたいと願っていても、家族や仕事を考えると思うように動けなくストレスが溜まり、突然思い立って1人で高尾山のこの沢に来ました。

当時は本当に出来ないと諦めていました。

せせらぎを聞きながらボーッとしていたら頭の中のモヤモヤが整理でき、前進することを決意した場所です。

始めたことで正直、次から次へと問題は出てきますが、何もせず鬱々とした日々をすごしていた頃に比べると、それらを乗り越えて一歩を踏み出した決断は間違えではなかったのだなと思えます。

 

そして今回、一緒に行った友人からずっと思い描いてきた事を行動に移す決意をしたと報告がありました。

それは私も待ち望んでいたし、応援する人は大勢いるので動き出しさえすれば成功は約束されているような方です。

でもいくら準備が万端だったり周りのお膳立てがあっても、リスクも考えると現状を変えるのはとても大変だし勇気がいったと思います。

魂が喜ぶ方向へ進める幸せを歩み始める友人の晴れやかな顔が見れ、とっても幸せな時間でした✨

 

もし何かやりたい事がありましたら、まずは前進する想像だけでも良いと思います。

想像から何か糸口が見えてくるかもしれません。

スピマご来店、ありがとうございました

昨日の東京スピリチュアルマーケットにご来店くださった皆さま、ありがとうございました。

今回はヒーリングやヘッドセラピーのご依頼が多く、心だけでなく身体のメンテナンスの大切さを改めて考えました。

また、お忙しい中、時間を作って来ていただいたうえ差し入れもいただき、応援してくださる皆さまの温かい心に感謝を感じずにはいられない1日となりました。

本当にありがとうございました。

今後も日々勉強、精進します!

image.jpeg