サイズの小さい靴を何故、捨てないのか

今から15年前、ただ楽しくてヒーリングを習っていましたが当時はヒーラーになりたいと全く思っていなかったので、かなり不真面目な生徒でした。

師はいわゆるシャーマンで、宣伝もせずホームページも持たず完全口コミだけで何十年もこの仕事一本。

私はとにかく一緒に居たかったから何かあると参加していたので、プライベートでも行動する仲間のひとりとして今、振り返るととても貴重な日々でした。

目の前で大切な身内の命を救ってくれた経験から、ヒーラーになりたいと初めて意識をするきっかけをもらいました。

師のそばに居て、体感で教わったことは、人生を思い切り楽しむことでした。

その楽しみ方は、今考えると心理学で言うところの情動発散を無意識でしていたようで、私より25才上でしたが見た目も若々しく、本気で遊んでいる時はまるで少年の様でした。

やりたい事をやっている人は老けないですね。

当時の私は仕事も家庭も辛い日々でした。(なので、実年齢より老けて見えると思います💦若返りたいのであれば、本能に従った楽しみをするのをオススメします、と自分に言い聞かせています😅)

ある時、暗い顔をしていましたら、「デザインが気に入っているからって、サイズの小さい靴を何故、捨てないのか。」と、置かれている環境を靴に例えて、笑い飛ばされました。

真剣に悩んでいるのにどうしてそんな対応なのだと不快になりましたが、捨てる勇気をもらったからこそ今、本来の自分らしくいられるのだと感謝しています。

最近、合わない靴を履き続けている当時の自分を思い出すリーディングが続きました。

仕事でも何でも、自分が求めている幸せを目の前にチラつかせられたら、例えそれが幻想だったとわかっても、そこから離れる事は困難になってしまうことがあります。

今、抱えている問題が、留まり乗り越えられるものなのか、サイズの合わない靴なのかを自分自身で判断する事って、実はとっても難しいものです。

そんな判断に迷った時、ご自身を見護る存在からのメッセージをリーディングセッションで受け取りませんか。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中