月別アーカイブ: 2019年5月

『考え方』稲盛和夫

6月25日(火)『占いcafe 白いテラス』に出展します。

相模原市中央区矢部2-24-8 (横浜線 矢部駅 徒歩5分)


皆さまは選択に困る時、どのように決めていますか?

最近、選択の機会が増え、明確な羅針盤が欲しいなと思っていましたら、

尊敬する方が、「たくさん本を読まなくても、この一冊で充分。」と勧めて頂きました。

まさしく人生の羅針盤として参考になりました。

IMG_3029.jpg

筆者の稲盛和夫さんは、京都セラミック(現・京セラ)、第二電電(現・KDDI)の創業者で、経営破綻に陥った日本航空を再建した方です。

『常に夢を描くことを忘れない、ロマンティックで明るい「考え方」を持ち続けていれば、未来は開けていきます。』

『能力や熱意以上に、プラスの「考え方」こそが大切で、人生や仕事の結果を大きく左右する。』

稲盛さんは、初めは自分の仕事が嫌だったそうです。

『運悪く職業難で不本意な就職をして不満でした。』

『しかし、気持ちを入れ替えると仕事が面白くなり、人生の好循環が始まりました。』

『何か事業を起こすとき、動機が善、つまり美しい心から発したものであれば、結果は必ず良くなる。逆に動機が不純では絶対にうまくいくはずがないと私は信じていました。』

2010年に日本航空会長に無報酬での就任時には、傲慢になっていた幹部社員の意識改革から始めました。

徐々に広げ全社員の「考え方」が立派なものになるのに伴い、業績が飛躍的に向上したそうです。

『社員たちの意識と行動の変化という「自力」が、お客様からの応援という「他力」を呼び起こすことによって、日本航空は運命を変え、世界一の収益性を誇る航空会社に生まれ変わることができたのです。

しかし、この「自力」と「他力」だけでは、あの日本航空の奇跡的といわれる再生を説明できないように思うのです。』

ビジネス哲学書だと思いましたが最終章は、宇宙や見えない力について書かれていて驚きました。

成功者はやはり、守護され導かれているのだなぁ。

好きなことをするのが一番です。

しかし、それが叶わないと感じるのであれば今、自分の作り出している世界を好きになる努力をすると、人生が好転する。

善き「考え方」、世のため人のために動くことで、他者や天の助けが自然と働くようになるということですね。

例えば、このブログは善からなのかを、何度も心の中を確認してからアップする。

自分の世界を愛すことと、選択の一つ一つを善の判断かチェックを怠らないようにする為に読み返したい本です。

まずは面倒だと思う毎日の食事作りを愛そう。。うん、そうしよう😅

占いcafe白いテラスに出展します

占いカフェ白いテラスに、3度目の出展をします。

6月25日(火)11時〜18時

相模原市中央区矢部2-24-8 (横浜線 矢部駅 徒歩5分)

相模原夢マルシェの、占いに特化したイベントです。

どの様な出会いがあるか、今からワクワクです(^^)

【透視リーディング、ヒーリングMARI】

ご自身の過去世、現世、未来を知っている魂の存在である、ハイヤーセルフ。

無条件にご自身を愛する、守護する存在たちから、解決のヒントやメッセージを受け取りませんか?

☆透視スピリチュアルリーディング
15分2000円

人間関係、お仕事、恋愛、ペット他、何でもご相談ください。
ハイヤーセルフやご自身を見護る存在たちから解決へのヒントやメッセージをお伝えします。

☆オーラのリーディング
40分5000円

オーラ7層を1色ずつ、計7色を読み解き、お伝えします。
今現在の状況を詳しく知りたい方にオススメです。
過去世をお伝えする事もあります。

☆オーラとチャクラのヒーリング
15分2000円

オーラを輝かせ、幸せを引き寄せませんか?
オーラとチャクラを整える事で、停滞した物事を進みやすくします。

用事で出掛けた先で、桜島をパチリ📷幻想的ですね。

変わるものと、変わらぬもの

ブログを読んでくださる皆さま、いつもありがとうございます。

「HPが見られなくなった」と、お問い合わせをいただいております。

大変、ご迷惑をお掛けしております。

昨年から気づきと浄化で毎朝、新しい自分に生まれ変わっているようです。

その為、これまでのHPと波動が合わなくなりましたので、数ヶ月間かけて一新する事にしました。

何故、数ヶ月間掛かるかと言いますと、まだ作りたいものがハッキリしていないからです😅

数名にご協力をいただき新メニューも追加する予定です。

その様な中、変わらぬこと。

自分の本質に触れる経験をしました。

先日、高齢者の集まる会にご縁をいただき参加した時です。

優しい場のエネルギーが、とても懐かしく感じる瞬間がありました。

「なんだろう、とても心地良い」

幼い頃、私の周りには刺さる波動ばかりで説明がつかない居心地の悪さを感じ、よく1人で外出していました。

ある日、見知らぬ方の玄関先のお花がとてもキレイで眺めていました。

あまりに熱心に見ていたのでしょうか。

おばあさんが出てきて、「花が好きなら育ててみる?」と、花鉢をいただきました。

私は嬉しくて、その後も何度か家に遊びに行き、育て方を教えてもらいました。

振り返ると、お花ではなくて、おばあさんの優しい波動に触れたかったのだなぁ。

スピリチュアルを学ぶと、「ありのままでいる」というフレーズが出てきます。

以前ブログに書いたアニータ・ムアジャーニも、臨死体験後に

「ありのままの自分であれば良いと気付いた」

と言っていますが、あれは、

「ありのままの自分に戻ればいい」

という事なのですよね。

要らないものを削ぎ落とし、自分に合った居心地の良い波動を選び取る。

成長のために必要だと思い込んでいた刺さる波動は要らない。

受け入れるばかりではなく、その選択はとても重要なのだと感じました。

鵜呑みにしないのが一番ですね

クリアするべき課題や、ブログに書いた方が良いという出来事は、お知らせとして立て続けに起こります。

この数ヶ月間で、「あの時◯◯さんが、あなたにこんな嫌な事をしたのよ。」と、複数人から聞きました。

内容は、実生活での具体的なものですがどれも子供っぽすぎて、思わず笑ってしまいました🤣

「どうして怒らないの?」と聞かれましたが、程度は違えど、色々な事を学ぶ前は私も間違いをし、気づいて謝罪をしているからです。

以前は生きる為に必要だった価値観を、大人になった今もそのフィルターを通し見た世界で取った、最善の行動だから。

もう必要がない事に気づいていないだけ。

それがわかっているので、理不尽な事をされても気になりません。

『だって、人間だもの』

他者への批判や攻撃は、その方の嫉妬や恐怖心だったり、パワーバランスで上にいたい方がする当人の理想の押し付けだったり。

それは直接、注意する事でも同じです。

親は、教育という名目で。

他者は、相手が良くなるからと親切心の指摘という形で。

時代や環境で価値観は異なりますし、当人が幸せならば人の事は気になりません。

いっぱいいっぱいなのです。

親や目上の方から何を言われても、全てを鵜呑みにしないのが一番ですね。

「あなたはそのままで素晴らしい。」

「生まれてくれて、ありがとう。」

他者の発言で心を乱されている方が楽になると思いましたので、恥ずかしながらシェアしました。

最後に心理学者、ゲシュタルトが人間関係の距離感について書かれた詩です。

随分前ですが、これを知った時にホッとしたことを今でも覚えています。

【ゲシュタルトの祈り】

私は私の為に、あなたはあなたの為に生きる

私はあなたの期待に添う為にこの世界にいるのではなく

あなたも私の期待に添う為にこの世界にいるのではない

私は私、あなたはあなた

もし私達が偶然にも出会うなら それは素晴しいこと

もしそうでないのであれば それもまたよいこと