幸せであるために

イベント出展情報

【Alakai Spirit アラカイスピリット】
8月18日 (日)10:00〜16:00
会  場 : 大和文化創造拠点シリウス
小田急江ノ島線 相鉄本線 大和駅 徒歩3分

【銀座Natura × 鎌倉フォーチュン 癒しイベント in 川崎】
8月31日 (土)10:30〜16:30
会  場 : 川崎市産業振興会館4階
JR川崎駅 北西出口より徒歩7分


ご相談に対して、お伝えする内容が一歩先に行っている様に感じるセッションが続きました。

端的に言うと、少し言葉が厳しめなんです。

しかし、「そこを手放しさえすれば、上の段階に行けますよ。」と言うことなのだと感じました。

本質をついていて、私もとても勉強になりましたので、ご本人に了解を得て、感じたことをシェアします。

結局のところ、人は誰にも傷つけられることはない。

人の言動を、どう受けとめるか。

自分がどう反応するかだけで決まる。

どんなに悪い人(自分のエゴが、その人を悪いと判断)や、

どの様な環境にいようが、ご機嫌でいられる様になることが、

真の幸せなのですね。

環境を変えても同じことが繰り返されるのは、

そこがクリアになっていないから。

どんな所にいようが、直ぐに幸福感に満ちる事が出来れば大成功。

真の幸せを手に入れる為にも、常に自分を満たそうと思いました。

少し前にブログで紹介しましたゲショタルトの祈り同様に、以前、心がふるえ変えられた詩を紹介します。

戦争で身内を何人も失い、戦後すぐに書かれたものと知って、驚いたのを思い出します。

 

『自分の感受性くらい』  茨木 のり子

 

ぱさぱさに乾いてゆく心を

人のせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて

 

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

 

苛立つのを

近親のせいにはするな

なにもかも下手だったのはわたくし

 

初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもが  ひよわな志しにすぎなかった

 

駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄

 

自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中